パニックの時には休む。

以前、激しい罵倒に合う環境に長期間いた時、
パニック障害状態になったことがあります。

 

病院の薬は悪化するため、休養、ヒーリング、代替医療を使いました。

 

体調不良が続いていた中で無理に体を押すと、

肉体のサインを無視して走っている状態となるので、悪化します。

ですので、体調不良や精神的不調が現れた時は、まずは無理をせず休む、

一旦その環境から身を引くのが最良の選択の1つになります。

 

ご自身しかご自身の状態をちゃんと把握できる人はいないので、

ご自身のために、たくさんご自身の声を聴いて行動してあげてください^^

 

パニックまで程度が進んでいる場合は、

肉体や精神がご自身を守る緊急の防衛反応の状態です。

耐性は人それぞれ。他の人の声ではなく、

ご自身の声、ご自身の肉体のサインに従ってあげてくださいませ。

 

癒しや回復、大きなシフトの時には、時間もかかるものです。

一瞬で変わるように見えている方もそれまでに長い時間準備してきていることも多いです。

 

でも、体も心も癒すと決めたその時から、癒し・回復の方向に向かいます。

まずは環境から離れてしっかり休養されて、そして新しいステージに向かうために

ヒーリングをサポートにお使いになられてください^^

 

 

【あなたを癒すセッション】

ご自身への回復へのサポートとして、ご自身のペースで

定期的に何かしらのセッションを受けにいらしてくださいませ。

 

【その際のお勧め】

DNAアクティベーション

アデプトプログラム

阿蘇山ポイント・ヒーリング・モダリティー

ラー・プロテクション・リチュアル

エンソフィック・レイ・リダイレクション

瞑想会 

 

ストレスマネージメント