パニックの発作

私は感情表現が「大げさね」と言われるくらい豊かな方なのですが、

ある環境下でそれが許されないことが続きました。

 

感じた感情を表現出来ないって苦しいですね。

1年くらいそうやって感情に蓋をしていたのですが、身体に溜まってしまいました。

発生した感情は感じ切り表現することでしか手放せないので、

文字通り我慢すると溜まります。

(豊かなのにやっちゃった。。。ごめんね自分。)

 

その環境が終わった後、今度はその環境や関わる人を見ると身体と心が反応して

激しいパニックを起こすということが1年以上続き、

時間とともに回数を経て徐々に落ち着いてきました。

 

正常な思考になるのが難しく、氣力で持たせていましたが、

明晰さも著しく弱り思考能力が低下。

我慢で引き起こしたストレスは脳にもダメージを与えていたようです。

(氣力もこういう時は発揮しない方が良いです。)

 

一度パニックまで行くと、時間とパニックになる回数がモノを言いました。

出来る限り対象になる環境と人との接触を避けて、

安心できる環境に身を置き、とにかく休みました。

自分に優しく、ダラダラして、リラックスするようにして。

 

感情を蓋した年月の分、激しく解放しているので、

初めのうちは対象の環境や人物が飛び込んでくると100%パニックに陥ります。

どうして良いかわからない、自分が壊れそうになるくらいの恐怖なので、

本当に感じたくないですが、仕方ない・・・

 

なので、出ちゃうのは仕方ないので出してあげて、

もう少し緩やかな方法も取ります。

 

私が対策として取ったものはこちらです。

 ・氣道(氣功)(経絡を開く、氣を整える)

 ・瞑想(脳波を整えることで脳を整える)

 ・DNAアクティベーション(月1回、光を入れるとかなり良い)

 ・エクササイズ・マッサージ(血流をよくする、無理せず出来る時に)

 ・エンソフィック・レイ・ヒーリング

 

一人で抱えきれないので、こういった対策を取りながら、

回復させてあげると良いと思います。

 

後は、それ以降再発させないために、

感情を我慢をしないこと

心を許せる人に話すのも良いと思います。

 

身に危険を感じるや恐怖が蔓延していたら、

パートナーだろうが家族だろうが、離れた方が良いと思います。

自分を守ってあげられるのは自分だけですから。

 

 

また、

 

 

女性は元々感情表現が豊かで、男性は1桁で収まる感情が

女性は2~3桁位複雑だと言われています。

 

現在の企業の在り方や社会的な通念では男性的な見方なので

女性の感情表現はとても難しい。

女性らしく表現できず我慢する選択をすることが多いでしょう。

 

社会的にも感情表現が良しとされていない日本に暮らすことで、

男女問わず、我慢が多いはずです。

 

感情は悪くありません。

あなたを守るものであり、あなたの表現であり、

だから、そのままでよいのです。

 

感情を恐れる人はきっと、その爆発力でしょう。

理性でコントロールできない自分への恐怖心かもしれません。

 

あなたの感情をさらけ出して、弱さを見せて

あなたの強さにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【あなたを癒すセッション】

ご自身への回復へのサポートとして、ご自身のペースで

定期的に何かしらのセッションを受けにいらしてくださいませ。

 

【その際のお勧め】

DNAアクティベーション

マザーガイア瞑想

アデプトプログラム

阿蘇山ポイント・ヒーリング・モダリティー

ラー・プロテクション・リチュアル

エンソフィック・レイ・リダイレクション

瞑想会 

 

 

ストレスマネージメント