本来の「個性」とは

個性というと、何を想像しますか?

 

奇抜なファッション、目立つ言動など、

何か特異なものと捉える見方もあるようですね。

 

奇抜性や目立つ、に共通しているのは、

反社会的な行動になっていること。

 

日本では画一的な社会、平均化した個性が暗黙の「良し」とされていますが、

元々全く違う個性を持って生まれた私たちに平均化、画一化は辛すぎます。

そこで反発したくなる気持ちも、よくわかります。

 

逆に疑いなく当たり前に乗っている方ももちろんいらっしゃるけれど、

それですと生まれもった個性を知る事が出来ず、

「何をして良いかわからない」お声をよく聴きます。

地球に来るまで長い旅路を経て個性を持ってきているんだもの、

なんだか、勿体ないです。

 

メディアや世間で「個性的」と言う時には、「奇抜さ」や「目立つ」、

社会の常識や枠組みから「はみ出している」のが個性として謳われます。

いずれも、社会の枠組みが大前提で基準です。

 

 

アデプトプログラムは、生まれ持った個性を発揮できるように、

形而上学的な視点を用いて多角的に説明したり、

エネルギー的な伝授によって、元々お持ちの個性を発揮して生きて頂くためにあります。

 

社会の枠組みで、多くの人が苦しそうに生きていらっしゃるのを見てきました。

全ての人に恩恵ある社会、全ての人が活き活きと生きられる社会の枠組みであれば

それが前提で構わないのですが、ズレているもの。

 

社会の枠組みに乗っかる、はみ出るを全く超えたところに

私たちの生まれ持った個性をそれぞれ見出して、全員が自分を生きたとしたら

喜び溢れる、愛溢れる社会が現実のものになるに違いないと思っています。

 

ある日、文章を書かれる方とお話をした時、

その方は小さな時からストーリーが頭に浮かんでは消え

頭に浮かんでは消えしていたことを話してくれました。

私は、小さなころから音楽が頭に流れて、メロディーやリズムや伴奏が頭に浮かんでは消え

頭に浮かんでは消えしていたので、それを話したら、

お互い違った特性を持って生まれてるんだねぇ~、なんて笑い合いました。

 

自分だけの個性、見つけて発揮していきたいですね^^